狂犬病ワクチンのシーズンが始まりました
2017 / 04 / 01 ( Sat )
今年も狂犬病ワクチンのシーズンですね。

皆さんの所にも市からのお知らせが届いたかと思います。

さて、狂犬病ワクチンの接種についてですが、ここでは注意点を書いておこうかと思います。

①ワクチンは体調の良い状態で打ちましょう
狂犬病ワクチンは伝染病ワクチンに比べ強いワクチンではありませんがそれでも副作用のリスクはあります
そういったリスクを減らすため、体調の良い日に接種しましょう。


②ワクチン接種はいつでもいいの
①の話と関連しますが、ワクチンの副作用は接種してから2,3時間後に起こることもあります
その時、病院が終わってしまっていたら、迅速な対処が難しくなりますね。
そのため、できるだけワクチンは早い時間に接種し、副作用のリスクに備えるとよいでしょう。


③伝染病のワクチンを最近接種したんだけど・・・
ワクチン同士の間隔はできれば3週間、理想は1か月以上はあけておきたいです。
もし最近伝染病ワクチンを接種しているこの場合は、一か月くらいあけてからの接種をオススメします。


④去年の狂犬病ワクチンが秋とかだったんだけど・・・
生まれた日にちによって最初の狂犬病の接種時期(生後3~4か月)は異なります。
去年の接種が秋だったのならば今年も秋で良いですし、今年から4月に接種し、市からのお知らせに合わせるのも良いです。
大事なのは前回のワクチンから1か月あいていること♪


⑤市から届いたハガキは持って行った方がいいの
市からのハガキがあると病院で接種の手続きをする際、登録番号がすぐわかり非常に助かります。
是非、ご協力おねがいします
でも、ハガキ無くしちゃってたり忘れたりしても接種できますのでご安心を
スポンサーサイト
19 : 47 : 30 | 動物病院からのお知らせ(随時更新) | トラックバック(0) | page top
春の健康診断のおしらせ
2017 / 04 / 01 ( Sat )
4月になりましたが、ここ最近はまだ寒い日が続きますね

こういった気温の変化が激しい季節は人同様、ワンちゃんネコちゃんも体調を崩しやすいので要注意です

さて、今年も春の健康診断キャンペーンを行います。

普段、病院で測る生化学検査(症状により5~8項目)よりも多くの項目(19!)が測ることができます。
そのうえ、普通に同じ項目を検査をする場合に比べ5000円ほどお安くなっています。おトクですね♪

19項目に含まれている内容
肝臓
腎臓
血糖
コレステロール
中性脂肪
タンパク質
ミネラル

など


また以下の項目を追加することもでき、7歳以上の子たちにオススメです。

シニアセット: ①甲状腺機能  ②糖尿病  ③炎症

ANPワンちゃんの心臓病を早期に発見できます



検査は血液を専門の検査機関さんに送ります。
そのため結果が出るまで一週間ほどかかり、後日お知らせする形となります。
   (※すぐ検査結果が必要な状況ではこちらの検査はお勧めできません。)

また、検査機関さんが日曜祝日はお休みのため、採血できるのは平日または土曜(午前のみ)となります。

もしご不明な点がありましたらお気軽に病院までお問い合わせください。








18 : 41 : 59 | 動物病院からのお知らせ(随時更新) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
里親さんのお見合いが無事に決まった子猫
2017 / 02 / 18 ( Sat )
去年末、病院へ猫の里親になりたいという方からお電話をいただきました

お話を伺うとご自身も以前、子猫を里親に出すなどの活動をしていたという事で離乳前の子猫の世話も経験済みという事でした

さっそく、里親ボランティアの活動をされているNagママさんに紹介できる子猫がいないかと連絡を取ると・・・いました

↓送っていただいた写真(右)
14874013820.jpeg

静岡のボランティアに保護された子猫で女の子
性格も人懐っこく、元気食欲も問題なしという事で、安心してお見合いに出せる子だったのでこちらも安心。

里親希望のお電話をいただいた方にお話しすると、是非お見合いをしてみたいというお返事

先日、一匹の子猫を迎え入れたそうで、その事の相性も見たいという事でした。
そうですね、これから一緒に暮らすかもしれないのだから相性はとっても重要ですね

ご近所の方ではないので、スケジュールが合い次第、連絡をいただけるとのことでこちらもお見合いが楽しみです

↓お見合いまで当院で預かることになった子猫ちゃん
14874005170.jpeg

14874006420.jpeg

14874006140.jpeg

凄まじくアクティブです
診察台の上どころか、足元から人の体に駆け上り、耳元でひたすらゴロゴロ言ってます


☆猫を飼いたいとお考えの方へ☆

これから春になり、里親募集の子猫が増えるシーズンでもあります。

当院に通われているボランティアさんの多くは今年も猫を保護し、その里親を募集する事になります。

もしこういった猫たちの里親を希望される方がいましたら、当院でボランティアさんをご紹介することができますのでお気軽にお電話ください。
16 : 32 : 17 | ネコ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
フィラリア予防薬「モキシハート」欠品のお知らせ
2017 / 02 / 07 ( Tue )
フィラリア予防薬のモキシハートタブが欠品する可能性があります

原因は製造元が国からの認可を得られていないため、製造することができないというものだそうです。

また認可が下りたとしても製造・販売まで3か月ほどかかるため、今年のフィラリアシーズンの初めにはほぼ確実に入荷が出来なくなるようです
なんてこったー


そのため、商品が流通するまで昨シーズンの在庫で対応することになりますが、
在庫数に限りがあるためモキシデクチン製剤をご希望の方は早めにお買い求めいただくようお願いいたします。

毎年、こちらのお薬を使ってくださっている皆様、ご迷惑をおかけして申し訳ありません


モキシデクチン製剤の特徴

フィラリア駆虫以外にお腹の虫下し要素はない。
  →外にお散歩に行かずノミ・ダニ、及びお腹に寄生虫が感染する心配のないワンちゃんはこの薬だけでOK。

フィラリア陽性の治療として使用可能。 (他の薬では負担が大きい)
  ※スポットオンの薬で代用は可能だが他の効能もセットになっている。  

他のフィラリア予防薬に比べ安価。 (効果がフィラリア駆虫のみのため)
  


モキシデクチン製剤の注射
モキシデクチンには注射薬が販売がされており、そちらの製造は大丈夫とのことです。

この注射は一度の接種で12か月効果が持続するため、飲ませ忘れの心配がありません。

注意点として、体重で接種する量を決めるため、その後に体重が大きく変化すると薬の効果が不安定になることがあります。

成長期の子供のワンちゃんは使用禁止となってますので注意が必要です。





17 : 37 : 41 | 病院情報:フィラリア予防について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
新年のご挨拶
2017 / 01 / 01 ( Sun )
明けましておめでとうございます。

昨年は多くの飼い主様に善くしていただき有り難うございました。

今年から新スタッフに変わりますが、より頑張っていきますので宜しくお願いいたします。


【お知らせ】

①年始の診療は4日からになります。

休診の日は留守番電話にご用件をいれていただければ、朝夕の入院のお世話の時に折り返しお電話差し上げます。

※お電話の時間によっては翌日対応になってしまいます。


②建物外装工場のお知らせ
病院が入っているビルが1月の間、外装工場をする事になりました。
工場の足場が駐車場にあるためお車で来られる方にはご迷惑をお掛けしますが、宜しくお願いいたします。


では、今年も皆様にとって良い年でありますように🐩🐱


10 : 42 : 32 | 動物病院からのお知らせ(随時更新) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>